大紀元時報

独外相、イスラエル自衛権を擁護 「将来の攻撃拠点を破壊可能」

2021年5月20日 23時23分
5月20日、ドイツのマース外相(写真)は、パレスチナ武装勢力が攻撃拠点にするとみられる施設をイスラエルは事前に破壊する権利があるとの認識を示した。ベルリンで19日撮影。代表撮影(2021年 ロイター/Michele Tantussi)
5月20日、ドイツのマース外相(写真)は、パレスチナ武装勢力が攻撃拠点にするとみられる施設をイスラエルは事前に破壊する権利があるとの認識を示した。ベルリンで19日撮影。代表撮影(2021年 ロイター/Michele Tantussi)

[ベルリン 20日 ロイター] - ドイツのマース外相は20日、パレスチナ武装勢力が攻撃拠点にするとみられる施設をイスラエルは事前に破壊する権利があるとの認識を示した。

イスラエルとパレスチナ自治区を訪問するマース氏は出発前に空港で「われわれはイスラエルに自衛権があることを常に強調してきた」とし、「これにはイスラエルへの攻撃を仕掛けるための拠点を破壊し、無力化することで将来の攻撃を防ぐことも含まれる」と語った。

「安全で平和な生活は長期的にはイスラエルとパレスチナがそれぞれの問題を解決できるようになって初めて可能になる」と指摘した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^