大紀元時報

EU・中国の投資協定、欧州議会が批准凍結 制裁解除を要求

2021年5月21日 09時16分
5月20日、 欧州連合(EU)の欧州議会は20日、中国との投資協定の批准を巡り、中国がEUの政治家に対する制裁を撤回するまで手続きを凍結する決議を採択した。写真はEUと中国の旗。北京で2018年6月撮影(2021年 ロイター/Jason Lee)
5月20日、 欧州連合(EU)の欧州議会は20日、中国との投資協定の批准を巡り、中国がEUの政治家に対する制裁を撤回するまで手続きを凍結する決議を採択した。写真はEUと中国の旗。北京で2018年6月撮影(2021年 ロイター/Jason Lee)

[ブリュッセル 20日 ロイター] - 欧州連合(EU)の欧州議会は20日、中国との投資協定の批准を巡り、中国がEUの政治家に対する制裁を撤回するまで手続きを凍結する決議を採択した。

採決結果は賛成599、反対30、棄権58。

EUと中国の包括的投資協定は、7年間の交渉を経て昨年12月に合意した。

だが、中国は今年3月、新疆ウイグル自治区での人権侵害を巡り西側諸国が中国当局者に制裁を科したのに対抗し、EUの政治家や外交組織、シンクタンクなどに制裁を導入した。

中国の制裁対象には、欧州議会の議員や人権小委員会が含まれている。

決議では、投資協定の手続きを行う前に「中国が制裁を解除するよう要求する」とし、「EUと中国の関係は通常通り続けられない可能性がある」としている。決議は法的拘束力を持たないものの、欧州議会の公式な立場となる。

在EU中国政府代表部は21日にウェブサイト上で声明文を発表し、投資協定は「互恵的」であり、一方の側から他方への「優遇」ではないと指摘。中国の制裁はEUの行動への正当な対応だと訴えた。また、「中国は最初から誠実に相互協力を促進しており、EUの歩み寄りを期待する」とした。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^