大紀元時報

インド変異株、感染力が従来の倍以上 「極めて強く警戒」=西村再生相

2021年5月21日 17時49分
5月21日、西村康稔経済再生相(写真)は、緊急事態宣言の対象に沖縄県を追加する政府方針を説明するために開催された衆院議院運営委員会で、新型コロナウイルスのインド変異株について、感染力が英国型変異株の1.5倍、従来株の2倍以上とされ、「極めて強く警戒している」と強調した。写真は都内で昨年9月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)
5月21日、西村康稔経済再生相(写真)は、緊急事態宣言の対象に沖縄県を追加する政府方針を説明するために開催された衆院議院運営委員会で、新型コロナウイルスのインド変異株について、感染力が英国型変異株の1.5倍、従来株の2倍以上とされ、「極めて強く警戒している」と強調した。写真は都内で昨年9月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

(見出しを修正して再送します。)

[東京 21日 ロイター] - 西村康稔経済再生相は、緊急事態宣言の対象に沖縄県を追加する政府方針を説明するために開催された衆院議院運営委員会で、新型コロナウイルスのインド変異株について、感染力が英国型変異株の1.5倍、従来株の2倍以上とされ、「極めて強く警戒している」と強調した。共産党の塩川鉄也議員の質問に対する答弁。

塩川氏は自治体に対してワクチンの配付スケジュールやロードマップを示すよう求め、インド変異株への対応などについて質問した。

*見出しを修正して再送します。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^