大紀元時報

中南米のコロナ死者、100万人突破 最多はブラジル=ロイター集計

2021年5月22日 14時08分
ロイターの試算によると、中南米・カリブ海地域の新型コロナウイルス感染症による死者が累計100万人を突破した。写真は5月20日、ブラジル・マナウスの墓地で撮影(2021年 ロイター/Bruno Kelly)
ロイターの試算によると、中南米・カリブ海地域の新型コロナウイルス感染症による死者が累計100万人を突破した。写真は5月20日、ブラジル・マナウスの墓地で撮影(2021年 ロイター/Bruno Kelly)

[リオデジャネイロ 21日 ロイター] - ロイターの試算によると、中南米・カリブ海地域の新型コロナウイルス感染症による死者が累計100万人を突破した。

ブラジルでの死者がは44万6000人超と最多で、世界全体では米国に次いで2番目に多い。

中南米・カリブ海地域の人口が世界人口の8.4%程度であるのに対し、5月の同地域での死者は平均で世界全体の31%を占める。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^