大紀元時報

中国当局の内部文書が流出 「ウイグル人によるポンペオ批判」映像の制作を指示

2021年5月24日 17時50分
新疆ウイグル自治区ホータン地区の郊外にある再教育収容所=2019年4月27日(Shutterstock)
新疆ウイグル自治区ホータン地区の郊外にある再教育収容所=2019年4月27日(Shutterstock)

中国政府は最近、ウイグル人が中国共産党を称賛し、ポンペオ前米国務長官を非難し、中国当局から虐待を受けているという米国の主張を否定するビデオ数十本を公開した。しかし、これらの映像は当局の指示で制作されたものだと明らかになった。

5月20日付のAP通信によると、同社は、中国中央政府が今年1月に新疆ウイグル自治区カラマイ市の各政府部門に送った内部文書を入手した。その中で、中央政府は同市に対し、北京語の堪能なウイグル人を見つけだし、マイク・ポンペオ前米国務長官の 「反中発言 」に反論する1分間のビデオを制作するよう求めた。

この文書では、登場人物のセリフについても細かく指示した。「ポンペオの発言に対しては、『私はポンペオの反中発言に強く反対し、非常に憤りを覚えている』とはっきり言わせること」「『私は中国人で、中国を愛し、仕事や生活に満足している』など、党や国、新疆への愛を表現させること」などと書かれている。

AP通信に同文書のスクリーンショットを提供したのは、言語学者のフィルダブス・ドリノフ氏(中国語名:陳浩宇)。ドリノフ氏の友人が、カラマイ政府に勤める親戚からこの文書を入手した。AP通信に文書を渡した3日後、ドリノフ氏とその友人は中国当局に逮捕された。

新疆ウイグル自治区当局も、ドリノフ氏は「虚偽の情報を捏造・発表し、分離独立を扇動した」という容疑で逮捕され、現在、留置場で裁判を待っていると発表した。ドリノフ氏は2015年、国際言語学オリンピック(IOL)に中国代表として参加した。

2017年に中国を脱出したウイグル人活動家のタヒール・イミン(Tahir Imin)氏はAP通信に対し、「新疆に出入りする情報は厳重に検閲されているため、(新疆の)人々はポンペオが誰なのか、彼が何を言ったのかさえ知らない。これらの映像は中国政府によって加工された可能性が高い」と指摘した。

オーストラリア戦略政策研究所(ASPI)のアルバート・チャン(Albert Zhang)研究員は、「これらのビデオは(当局の意図に沿って作られた)偽物のようだ。そして重要なのは、中国当局がこのようなビデオを求めていることだ」と述べた。

新疆ウイグル自治区人民政府の徐貴相報道官は、記者会見で流出文書の信憑性を直接否定しなかったが、「映像への出演は自発的なものであり、強制されたものではない」と主張した。

数多くの証言や証拠は、中国共産党が2017年以降、100万人以上のウイグル人を強制収容所に入れていることを示している。中国共産党はこれを否定し、拘禁施設を「職業技能教育訓練センター」と表現し、独立国際調査団による現地調査を拒否している。

ポンペオ前米国務長官は、任期最終日の1月19日、中国共産党が新疆ウイグル自治区のウイグル人などイスラム教徒系少数民族に対する弾圧は、「ジェノサイド(民族大量虐殺)と人道に対する罪」であると認定した。その報復として、中国政府は同月21日、ポンペオ氏を含む28人の米政府関係者に制裁を科したと発表した。

(翻訳編集・王君宜)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^