大紀元時報

ベラルーシの旅客機強制着陸、EU首脳会議で議論へ

2021年5月24日 20時20分
5月24日、欧州連合(EU)首脳会議はベラルーシが欧州の航空会社ライアンエアーの旅客機を強制着陸させて政権に批判的なジャーナリストを拘束した問題を協議する。ブリュッセルのEC本部で5日撮影(2021年 ロイター/Yves Herman)
5月24日、欧州連合(EU)首脳会議はベラルーシが欧州の航空会社ライアンエアーの旅客機を強制着陸させて政権に批判的なジャーナリストを拘束した問題を協議する。ブリュッセルのEC本部で5日撮影(2021年 ロイター/Yves Herman)

[ブリュッセル 24日 ロイター] - 欧州連合(EU)首脳会議は24日の夕食会で、ベラルーシが欧州の航空会社ライアンエアーの旅客機を強制着陸させて政権に批判的なジャーナリストを拘束した問題を協議する。

当初はロシア、英国との関係について協議する予定だったが、ベラルーシに対する制裁も検討する。

EUのボレル外交安全保障上級代表は、EU域内の都市を結ぶEU加盟国の旅客便を目的地外に着陸させたのは「許しがたい行為だ」と批判。首脳会議でこの問題を取り上げる方針を示した。

同代表は声明で「EUはこの行為の重大性を考慮し、責任者に対する措置を講じることを検討する」と表明した。

フォンデアライエン欧州委員長も23日、「ベラルーシの体制による言語道断な違法行為は重大な結果を招く」とツイッターに投稿した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^