大紀元時報

米政府報道官、東京五輪への支持を改めて表明

2021年5月26日 13時18分
米バイデン政権高官は25日、東京五輪・パラリンピック開催への支持を改めて表明した(2021年 ロイター/Issei Kato)
米バイデン政権高官は25日、東京五輪・パラリンピック開催への支持を改めて表明した(2021年 ロイター/Issei Kato)

[ワシントン 25日 ロイター] - 米ホワイトハウスのサキ報道官は25日、東京五輪・パラリンピック開催への支持を改めて表明した。

米国務省は24日、 新型コロナウイルス感染が新たに広がっていることを受け、日本に対する渡航警戒レベルを「レベル4」に引き上げ、「渡航中止」を勧告した。ただ、東京五輪・パラリンピックについては言及しなかった。

サキ報道官は記者団に対し「われわれの見解に変更はない」とし、「政府は開催を計画するにあたり、公衆衛生を中心的な優先事項に据えていると強調している」と述べた。

国務省報道官はこの日、バイデン政権は「五輪・パラリンピックに向けトレーニングを重ねてきた米国の選手が、『オリンピック精神』の下で参加すること」を支持すると表明。「五輪・パラリンピックのために日本に渡航するのはかなり限られた人達になる」とし、選手やその他の関係者の安全を守るために詳細な規則が策定されていると述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^