大紀元時報

韓国、コロナワクチン接種で屋外でのマスク不要に 7月から

2021年5月26日 12時51分
5月26日 韓国政府は新型コロナウイルスワクチンを接種した人は7月から屋外でのマスク着用が不要になると発表した。写真は5月24日、ソウルで撮影(2021年 ロイター/Kim Hong-Ji)
5月26日 韓国政府は新型コロナウイルスワクチンを接種した人は7月から屋外でのマスク着用が不要になると発表した。写真は5月24日、ソウルで撮影(2021年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 26日 ロイター] - 韓国政府は26日、新型コロナウイルスワクチンを接種した人は7月から屋外でのマスク着用が不要になると発表した。

この措置は高齢者のワクチン接種を促す取り組みの一環。政府は9月までに人口5200万人のうち少なくとも70%の1回目接種完了を目指しているが、この割合は現在7%にとどまっている。

金富謙(キム・ブギョム)首相が新型コロナ対策会議で述べたもので、少なくとも1回の接種を受けた人はより大規模な集会への参加も6月から可能になるという。

首相はまた、1回目接種を受けた人が70%を上回れば、隔離措置を調整する方針を示した。

韓国では27日から65─74歳の一般市民への接種がスタートする。

同国の新型コロナ感染者は累計13万7682人。25日には707人の新規感染者が確認された。

死者の累計は1940人。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^