声優の若山弦蔵氏死去 「007」のショーン・コネリー吹き替えを担当

2021/06/01
更新: 2021/06/01

人気スパイ映画「007」のショーン・コネリーの吹き替えを担当した声優若山弦蔵氏が5月18日、心不全で死去した。88歳だった。

若山弦蔵氏は1952年にNHK札幌放送劇団に採用されて以降、ラジオやドラマへの出演を始め、発声や声楽などの勉強を行った。1958年、海外ドラマ『ローン・レンジャー』で初めて、吹き替えの主演を務めた。それ以降『モーガン警部』、『007』、『スパイ大作戦』などの人気作で主演をつとめ、その独特の低音は「レディー・キラー・ボイス」とも呼ばれた。

若山弦蔵氏は自身が使った約1万冊の台本を早稲田大学坪内博士記念演劇博物館に寄贈しており、現在も保管されている。

(蘇文悦)

関連特集: 日本