大紀元時報

香港当局、天安門事件追悼集会を禁止 記念館が一時閉館へ

2021年6月3日 16時46分
香港の「六四記念館」で展示される天安門事件の一部の写真(大紀元資料写真)
香港の「六四記念館」で展示される天安門事件の一部の写真(大紀元資料写真)

1989年6月4日、中国当局が大学生らが民主化を求める運動を武力弾圧した天安門事件から間もなく32年。毎年、記念イベントが行われる香港では、当局がイベントの開催を禁止し、天安門事件の資料を展示する「六四記念館」も一時閉館に追い込まれた。

香港の民主派団体「香港市民愛国民主運動支援連合会(支連会)」は毎年、ビクトリアパークで天安門事件の犠牲者を追悼する集会を開催する。昨年、警察当局は中共ウイルス(新型コロナウイルス)対策を理由に、開催を禁止した。今年も同じ理由で開催を禁じた。

香港メディアによると、警察当局は4日夜、ビクトリアパークの周りに千人以上の警官隊を投入し、ろうそくを灯して天安門事件に関わる動きをする市民を取り締まる計画だ。香港警察は他の地区でも取り締まりを強化するという。

このため、支連会は、六四記念館で簡単なイベントを行う予定だった。しかし、5月31日、香港政府の職員が同記念館に現れ、政府発行の「公衆娯楽場」の営業許可がないとして、「公衆娯楽場条例」に違反した疑いがあると警告。

支連会の蔡耀昌・事務局長は米ラジオ・フリー・アジア(RFA)の取材に対して、香港当局側が法的措置を講じる意思を示したため、弁護士などと相談したうえで、職員や来訪者を守るために2日から記念館の一時閉館を決めたと述べた。

蔡氏は、2012年に記念館を設立して以来、香港政府から初めて「公衆娯楽場条例」に関して警告を受けたとした。

香港政府は、昨年6月末に香港国家安全維持法(国安法)を実施して以降、民主派への引き締めを一段と強めている。

蔡氏は、香港市民に対して、各自が自分の方法で天安門事件を記念するよう呼びかけた。

(翻訳編集・張哲)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
^