大紀元時報

米豪合同演習、中国軍のスパイ船が偵察=報道

2021年7月15日 20時20分
オーストラリアのピーター・ダットン国防相(Cameron Spencer/Getty Images)
オーストラリアのピーター・ダットン国防相(Cameron Spencer/Getty Images)

米豪両軍による大規模な合同演習が実施される14日、豪州のピーター・ダットン国防相は中国軍のスパイ船が同国の外海で監視を始めたと明らかにした。

同日から、米豪両軍は豪クイーンズランドで2年に1度の軍事演習「タリスマン・セイバー(Talisman Sabre)2021」を正式に実施する。

豪ABCニュースなど複数のメディアによると、ダットン国防相は、中国軍情報収集艦「天王星」がトレス海峡を経由してオーストラリアの東海岸に接近していると明らかにした。豪軍は「数日間」、中国のこの軍用船を注意深く監視していたという。

中国軍の「天王星」は豪当局の呼びかけに対して、「国際海洋法に則って活動している」と主張したという。「天王星」はオーストラリア領海の外側に泊まるとみられるが、海岸から200海里離れるオーストラリアの排他的経済水域内に居続けるとみられる。

今回の「タリスマン・セイバー」には、米豪両軍以外に、日本、韓国、ニュージーランド、英国などの軍も参加する予定。

報道によると、中国側のスパイ船は米豪の軍事情報のほか、日本の陸上自衛隊が保有する水陸機動団(Amphibious Rapid Deployment Brigade)の情報も収集しようとしている。同機動団は、中国当局の船艇が近年、尖閣諸島(中国名は釣魚島)周辺の領海に頻繁に侵入したことを受けて、離島の防衛、奪還などを目的に2018年に新編された。

いっぽう、ダットン国防相によると、中国軍の815型電子偵察艦や情報収集艦「海王星」も近く、同排他的経済水域に現れる可能性がある。

(翻訳編集・張哲)
 

関連キーワード
^