大紀元時報

衆院解散シミュレーションした、宣言解除が難しく不出馬=菅首相

2021年9月9日 22時58分
9月9日、菅義偉首相は新型コロナウイルス感染対策本部後の記者会見で、「衆院解散は一つの考えとして、さまざまなシミュレーションを行ったのは事実」と明らかにした。代表撮影(2021年 ロイター)
9月9日、菅義偉首相は新型コロナウイルス感染対策本部後の記者会見で、「衆院解散は一つの考えとして、さまざまなシミュレーションを行ったのは事実」と明らかにした。代表撮影(2021年 ロイター)

[東京 9日 ロイター] - 菅義偉首相は9日、新型コロナウイルス感染対策本部後の記者会見で、「衆院解散は一つの考えとして、さまざまなシミュレーションを行ったのは事実」と明らかにした。自民党の総裁選挙でどの候補を支持するかについては、告示された時点で判断すると述べるにとどめた。

また、「コロナ対策と多くの公務を抱えながら総裁選挙を戦うことはとてつもないエネルギーがいる」と述べ、12日の緊急事態宣言解除が難しいと覚悟するにつれてコロナ対策に専念すべきと考えたと、自身が不出馬を決めた経緯を説明した。

10─11月にも実施される衆院選には、これまで通り神奈川2区から出馬するとの考えを明らかにした。

関連キーワード
^