岸田文雄首相は10月5日午前、バイデン米大統領と行った電話会談について、日米同盟の強化や自由で開かれたインド太平洋の実現に向けともに取り組んでいくことを確認したと記者団に説明した。4日、首相官邸で代表撮影(2021年 ロイター/Toru Hanai)

対日防衛コミットメントに米大統領から力強い発言=電話会談で岸田首相

[東京 5日 ロイター] - 岸田文雄首相は5日午前、バイデン米大統領と行った電話会談について、日米同盟の強化や自由で開かれたインド太平洋の実現に向けともに取り組んでいくことを確認したと記者団に説明した。米大統領から「特に日米安保条約第5条の尖閣適用を含め、対日防衛コミットメントについて力強い発言があった」と語った。  

中国、北朝鮮といった近隣地域の課題や拉致問題でも連携するほか、「新型コロナ、気候変動、核兵器のない世界に向けた取り組みなど地球規模の課題についても緊密に連携していく」ことを確認したという。お互いを「ジョー、フミオ」と呼び、早期に対面で会談することでも合意した。

電話会談は20分程度行った。首相就任後、初の外国首脳との電話会談を日米で行ったことは「日米同盟をさらなる高みに引き上げるためにも重要な一歩になった」との認識を示した。

また、岸田内閣発足から一夜明け、「野球で言うならプレーボール直後の緊張感を感じている」と述べ、さまざまな課題にスピード感を持って取り組んでいく考えを示した。