大紀元時報

米MS社、「Windows11」正式リリース 通話機能など拡充

2021年10月5日 11時24分
米マリーランド州にあるマイクロソフト社のビル (Photo by EVA HAMBACH/AFP via Getty Images)
米マリーランド州にあるマイクロソフト社のビル (Photo by EVA HAMBACH/AFP via Getty Images)

マイクロソフト社は5日、「Windows11」の提供をスタートした。同社が新しいOSをリリースするのは「Windows10」以来で6年ぶり。対象となる「Windows10」搭載のパソコンは無償アップグレードできる。

Windows11」へのアップグレードが可能な時期は、利用者のパソコンによって異なる。マイクロソフト社は2022年までに一定の性能を満たしたすべてのパソコンにインストールすると発表している。

同社は、通話機能が拡充され、「アンドロイド」向けアプリが使用可能になったことや、セキュリティ性能も高まったことなどを紹介した。

多様化する利用者のニーズに対応できるよう工夫されている。画面を分割し、複数の作業を同時進行できる「スナップ機能」を搭載し、マルチタスクの処理を可能にする。個人の好みに合わせて、表示するコンテンツをカスタマイズでき、必要な情報へのアクセスがより手軽になるという。

(王文亮)

関連キーワード
^