「スマート防衛イノベーション」の加速に努める韓国(AP通信社)

「スマート防衛イノベーション」の加速に努める韓国

韓国国防部と科学技術情報通信部の間の新たなパートナーシップは、進化し続ける国家の国防ニーズに対応するためにデジタル技術を進歩させることを目的としている。 この協力体制はデジタル技術を通してビジネス開発と雇用保障を促進することを目的とした、韓国政府のより広範な「デジタル・ニューディール」イニシアチブに関連付けられている。 

韓国の徐旭(Suh Wook)国防部長官は2021年8月中旬に覚書に署名した時に、「両省庁間の将来の共同研究開発プロジェクトを通じて、デジタル・ニューディールに関連するスマートな防衛イノベーションをさらに加速し、将来の防衛イノベーションと「防衛ビジョン2050(Defense Vision 2050)」の実現に貢献することを期待している」と述べた。 

韓国の中央日報軍事安全保障問題研究院によると、防衛ビジョン2050は人工知能(AI)と戦闘ロボットで作戦能力を増強しようとしている。 覚書によると、両省は国防情報および通信技術の研究開発の強化と軍事デジタル人材の促進に同意した。

そのため政府や民間セクターの技術系組織と協力して研究開発促進戦略や技術ロードマップの策定、新規事業の発見・計画、事業執行管理、実証事業支援などを行う支援グループを設立している。

国防省のニュースリリースによると、ドローンやロボットなどの無人システム、サイバー防衛、科学および警戒システムの近代化などが開発の優先事項となっている。この合意には、2021年後半までにソフトウェアとAIのスキルを習得するための士官と下士官の専門教育も含まれている。

 車両や機械の動力源を化石燃料から電気へ移行する技術など防衛や民間分野での需要が高い技術に全体的な焦点を当てている。 林惠淑(Lim Hye-sook)科学技術情報通信部長官は「新たなデジタル技術が軍事力を向上させるだけでなく、民間産業の発展にも役立つよう省庁間の連携を強化していく」と述べた。 例えば、電化の概念実証が実証された場合に防衛省は軍全体で研究成果を共有する。同様の戦略は有線および無線通信ネットワークやデータセンターなどの軍事インフラのアップグレードにも使用されることが予想される。 

防衛部によると、このようなイノベーションを防衛から民生用途へと導くために「好循環構造」が使用される。 徐国防部長官は、「今回の事業合意はこれまで推進されてきた両省庁間の連携体制をさらに固め、AIなどの第四次産業革命技術を軍隊に迅速に適用するだけでなく民生技術の実証と普及を促進するものです。これは大きく貢献をする機会になるでしょう」と述べた。

(Indo-Pacific Defence Forum)