松野博一官房長官は7日午前の会見で、年金受給者に「年金振込通知書」が誤送付されたことについて、「本来あってはならないこと」だし、すでに厚生労働省から日本年金機構に対し、検証と再発防止を迅速に行うよう指示したと述べた。写真は10月4日、東京の首相官邸で撮影(2201年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

年金に関する情報、誤発送は本来あってはならない=松野官房長官

[東京 7日 ロイター] - 松野博一官房長官は7日午前の会見で、年金受給者に「年金振込通知書」が誤送付されたことについて、「本来あってはならないこと」だし、すでに厚生労働省から日本年金機構に対し、検証と再発防止を迅速に行うよう指示したと述べた。

日本年金機構は6日、年金受給者に発送した「年金振込通知書」が愛知県、三重県、福岡県の一部地域の対象者に誤送付されていたと発表した。宛名とは別人の基礎年金番号や振込金融機関、振込金額、控除額の記載内容が誤って印刷されていた。