大紀元時報

コロナワクチン1.2億回分の追加供給へ、米ファイザーと厚労省が契約

2021年10月8日 17時48分
厚生労働省は8日、1億2000万回分の新型コロナワクチンの追加供給を2022年1月から受けることで、米製薬大手ファイザーと契約を締結したと発表した。写真は、ファイザーのロゴとワクチン。2020年10月30日に撮影。(2021年 ロイター/Dado Ruvic)
厚生労働省は8日、1億2000万回分の新型コロナワクチンの追加供給を2022年1月から受けることで、米製薬大手ファイザーと契約を締結したと発表した。写真は、ファイザーのロゴとワクチン。2020年10月30日に撮影。(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 8日 ロイター] - 厚生労働省は8日、1億2000万回分の新型コロナワクチンの追加供給を2022年1月から受けることで、米製薬大手ファイザーと契約を締結したと発表した。契約日は7日。

^