中国人ボクシング選手が反則、木村翔選手投げ落とす「道徳観がない」中国でも非難殺到 

2021/12/20
更新: 2021/12/20
コメント

中国でこのほど、開催されたボクシングのエキシビジョンマッチで、審判員は中国人選手でインフルエンサーの玄武氏が、対戦相手である日本の木村翔選手を頭から投げ落とすなど、反則したにもかかわらず、玄武選手の勝利とジャッジした。中国格闘技界は批判を強めている。

ポータルサイト「捜狐」などの報道によると、18日午後、湖北省武漢市で「漢武伝説の翔武争覇」と題した試合が行われた。この試合には、元WBO(世界ボクシング機関)世界フライ級王者の木村翔選手が「特別対戦相手」として招待された。

事前説明では、試合はボクシングのルールで進められるという。だが、当日は、試合が始まる当初から、玄武選手は投げる、蹴るなど、他の格闘技の技を使って木村選手を攻撃した。第2ラウンドではキックボクシングの技を使って、木村選手を抱き上げて、頭から投げ落とした。

玄武選手が反則したにもかかわらず、審判員は玄武が2回、木村選手をノックアウトして、勝ったと判断した。

2017年、WBO世界フライ級タイトルマッチで、木村選手は当時の王者である中国の鄒市明選手に勝利し、王座を獲得した。報道によると、玄武選手は鄒選手の当時の悔しさを晴らすために、ルールを破ってでも勝とうとした。

「捜狐」によれば、この判定に中国格闘技界から非難が殺到した。中国の総合格闘技(MMA)の著名選手、劉文擘氏はSNS上で、「今回の試合は、中国ボクシング、格闘技の歴史上で、最も恥知らず、最もデタラメ、最もスポーツ道徳観のない試合だと思う。この試合が原因でこれから、中国人選手が日本での試合に、あるいは日本人選手が中国での試合に参加するチャンスがなくなるだろう」と非難した。

中国ムエタイ界の羅成紅選手は「中国のボクシング選手として、私は恥ずかしくてたまらない。プロ選手としての倫理観や道徳観は全くないと言える」と糾弾した。

中国側の報道では、木村選手は投げ落とされた後、途中退場をした。木村選手には大きなケガはないという。

(翻訳編集・張哲)