「精神異常者ではない」住民らが証言 南京事件めぐり強制収容された女性教師

2021/12/26
更新: 2021/12/26
コメント

南京事件の死者数を疑問視する女性教師を支持したとして、精神病院に収容された湖南省在住の女性教師、李田田氏を助けるため、中国の人権弁護士謝陽氏は25日、湖南省入りした。

謝氏は李氏の故郷である同省湘西永順県を訪れた。李氏をよく知る3人の女性に「李氏が精神病を患っている事実があるのか」と尋ねたところ、3人とも否定した。

上海市の専門学校「震旦学院」の教師は授業中、南京大虐殺の死者数が30万人とする政府の主張をもっと客観的に論じるべきと発言した。受講した学生はこの発言を撮影し、学校に報告した。教師はのちに除籍された。

湖南省農村部小学校の教師である李田田氏(27)は12月17日SNS「ウェイボー」で、この女性教師の発言を支持すると表明、「悪いのは密告者の生徒、彼女を解雇した学校、官製メディアの報道、沈黙する知識人たち」と糾弾した。

李さんは同2日後の投稿で、地元警察などが自宅に押しかけ、「精神病を患っている」と彼女を精神病院に強制収容しようとしたと報告した。

米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は23日関係者からの情報として、李さんは「湘西州精神衛生中心」という現地の精神病院に閉じ込められて、携帯電話が取り上げられて外部と連絡が取れないと報じた。李さんの婚約者はVOAの取材で、彼女は妊娠4カ月で、極めて健康で入院する必要はないと話した。

婚約者が22日にWeChatに投稿した声明は直後にブロックされた。中国メディアは入院は「うつ病のため」などとしている。

近年、中国の一部の大学では、学生が教師を通報するケースが増え、思想・言論統制を強化する政治体制が敷かれている。多くの教育者は授業中の発言を理由に解雇、降格、党籍剥奪などの処分を受け、有罪判決を受けた人もいる。

「反中国共産党発言」で学生から通報され解雇され、その後アメリカの研究機関に採用された北京大学の夏依良元教授は今回の事件を受けて、中国共産党が近年、密告という同党の文化を広く復活させていると懸念を示した。

VOAは有識者の見解として「病んでいるのは女性教師ではなく、(中国)社会だ」と評した。

謝弁護士自身は2015年7月以降、人権派弁護士らが一斉に連行された「709事件」の当事者の1人で、2年あまりの拘束を経て17年12月に釈放された。

(翻訳編集・叶子静)