重慶で開催された国際ハイブランド展覧会に出展されたランボルギーニ車 (China Photos/Getty Images)

中国証券会社の内部文書「贅沢をアピールするな」

中国のインターネット上で最近、ある証券会社の内部文書とみられる社員行動規範ガイドライン(試行版)が話題になっている。 同ガイドラインは社員に「裕福な生活を誇示しないように」と求めている。背景には「共同富裕(ともに豊かになる)」というスローガンのもとで、大手IT企業や芸能人が相次ぎ罰金処分を受けたことがあるとみられる。

「SNSなどで収入を公開したり、贅沢な生活を見せたりしない」「職場でハイブランドを身につけない」「出勤時、高級車に乗らない」。ガイドラインは細かく要求している。

ハイブランドについて、高級車(100万元以上、約1800万円)、高級腕時計(15万元以上、約270万円)、高級バッグ(5万元以上、約90万円)などと明確な価格基準をあげた。

理由について、「現在の社会情勢に合わせる」「会社、さらには業界全体にマイナスの影響を及ぼさないためだ」と記した。

中国メディアの報道によると、証券会社に勤務するアナリストと名乗る人物が1月6日、SNSで224万元(約4032万円)の給与明細を投稿し、物議を醸した。投稿によると、もっとも低い月の給与は約6万元(約108万円)、年間62万元(約1116万円)の税金を納めている。ネットで炎上してから、投稿主は事実ではないと火消しに出た。

習近平政権は昨年、共同富裕の方針を打ち出した。アリババ集団など巨大IT企業に対する独占禁止法違反を理由とした罰金徴収、芸能人に対する税務調査強化や罰金徴収、富裕層の財産に対する課税強化を行なった。経済成長とともに拡大する格差を是正する狙いがある。

中国財政部の劉昆部長(大臣)は昨年12月28日、機関メディアに発表した記事で、「倹約を実行せよ」と呼びかけた。

(翻訳編集・叶子静)