この状況続くと午後8時以降300万軒規模の停電のおそれ=東京電力パワーグリッド

2022/03/22
更新: 2022/03/22
コメント

[東京 22日 ロイター] – 東京電力パワーグリッドは22日、電力需給が厳しくなっているとし、このままの状況が続くと午後8時以降に揚水式発電の運転が停止し、約500万キロワット(200万─300万軒規模)の停電が発生するおそれがあると発表した。

このため、さらに毎時200万キロワット程度の節電が必要だとしている。

同社によると、揚水式水力発電所の発電可能容量の残量は午後2時の時点で59%(午前7時の可能量を100%とした場合)となっており、この時点での目標の66%を下回っている。

Reuters
Reuters