デンマーク首都のモールで銃撃、数人が死亡 22歳男拘束

2022/07/04
更新: 2022/07/04
コメント

コペンハーゲン 3日 ロイター] – デンマークの首都・コペンハーゲンのショッピングモールで3日、銃撃事件があり、警察は数人が死亡し、22歳のデンマーク人の男を容疑者として拘束したと明らかにした。「テロ行為」の可能性は否定できないとしている。

警察は単独犯とみている。動機などは明らかになっていない。

現地タブロイド紙BTは、目撃者が撮影したという動画を公開。この中で男は大型のライフルを肩で振り回しながらショッピングモール内を歩いている。動画が本物かどうかは確認できていない。

別の目撃者は放送局TV2に対し、男は「群衆に向かって発砲していた。天井や床ではない」と述べた。

ショッピングモールは、コペンハーゲン中心部から南に約5キロの距離にある。

隣国ノルウェーでも先月、首都オスロのナイトクラブとその周辺で発砲事件があり、2人が死亡した。

デンマークの国家警察情報局の最新報告によると、同国に対するテロの脅威は現在「深刻」と評価されており、最大の脅威は「イスラム教過激派」によるものとしている。

Reuters
Reuters