北朝鮮が連日の弾道ミサイル、東岸沖へ2発 米副大統領の訪韓中

2022/09/30
更新: 2022/09/30
コメント

[ソウル/東京/ワシントン 29日 ロイター] – ハリス米副大統領が訪韓した29日、北朝鮮は前日に続き弾道ミサイルを2発発射した。日本の浜田靖一防衛相は、挑発をエスカレートさせていると北朝鮮を非難した。

日本の防衛省によると、北朝鮮は1発目を午後8時47分ごろ、2発目を午後8時53分ごろ、西岸付近から東方向へ発射した。いずれも最高高度約50キロ、飛行距離約300キロで、日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したもようだという。

浜田防衛相は記者団に対し、「これだけ緊密に何発も打つことは例がない」とした上で、「地域と国際社会の平和と安全を脅かすものであり、断じて容認できない」と語った。北京の大使館ルートを通じ北朝鮮に抗議し、強く非難したことを明らかにした。

ミサイルの種類については、変則軌道だったかどうかも含め分析中とした。

ハリス副大統領は29日に訪韓し、南北の軍事境界線(DMZ)を視察。北朝鮮を強く非難し、「残忍な独裁政権」で違法な武器開発計画が行われているなどと語った。米韓は26日から合同軍事演習を実施している。

米国務省も29日、北朝鮮の行動を非難。パテル副報道官は、北朝鮮による連日のミサイル発射は国連安保理決議に対する明確な違反で、地域および国際社会に脅威を及ぼしているという認識を示した。

北朝鮮が弾道ミサイルを発射するのは2日連続。28日も短距離弾を2発試射した。日本の防衛省は、2発とも変則軌道だった可能性があると分析している。

Reuters
Reuters