ロシア、クリル諸島北部に防衛ミサイルシステム配備

2022/12/06
更新: 2022/12/06
コメント

[6日 ロイター] – ロシア国防省は5日、クリル諸島(北方四島と千島列島)北部に移動式沿岸防衛ミサイルシステム「バスティオン」を配備したことを明らかにした。

バスティオンは射程500キロ。クリル諸島北部のパラムシル島(幌筵島)に配備した。

同省は「太平洋艦隊の沿岸警備隊が隣接する水域と海峡地域を管理するため、24時間体制で監視する」とし、パラムシル島に軍の駐屯地を設置したことを明らかにした。年間を通じて軍人向けのサービス、宿泊、娯楽、食料を提供するとしている。

同省によると、ロシアは1年前にクリル諸島中部のマトゥア島(松輪島)にバスティオンを配備している。

米戦略国際問題研究所は9月、ロシアがウクライナ侵攻の陰でクリル諸島の軍事化を進めていると指摘。日米がロシアの活動について協議を深化させるべきだと主張していた。

reuter