印刷版   

2千5百年の歳月を経て、完璧な保存状態で発掘された青銅剣(ネット写真)

2千5百年前の青銅剣が発見される=湖南省

 【大紀元日本9月9日】先ごろ中国の考古学者が湖南省郴(ちん)州市にある南塔古墓群で2千5百前の青銅剣を発見した。剣の状態は非常に良いという。

 「瀟湘晨報」によると、昨年12月に発見された南塔古墓群で、先ごろ新たな発見があった。8月31日古墓群3号戦国土坑墓(どこうぼ)で整理作業が行われた際、考古人員が長さ約40cmの青銅剣を発見した。2千5百年以上前のこの青銅剣の鞘はすでに炭化してしまっていたが、剣身は今なお光をかすかに放っている。

 専門家の現時点での予想では、この剣は国家一級文物の鑑定基準を超えると見られている。南塔公園にあるこの古墓群からはさらに青銅器、鉄器、陶鼎などの副葬品が20数件出土している。

 郴(ちん)州市文物管理局考古科の唐涛主任の説明によると、8月下旬以来文物管理局の考古人員は南塔公園で4つの古墓を次々と発見しており、その中には歴史書に記載されている隋大業五年磚室墓1ヶ所が含まれ、ほかの3ヶ所は戦国墓葬であった。この3つの戦国土坑墓は規模が比較的大きく、一番大きな墓は「甲」の形をなしており、墓の参道は北向きで盛土が幾重にもついて固められている。また、隋大業五年磚室墓の形状もはっきりと確認できるそうだ。

 南塔公園古墓群の発掘は、古代の墓葬風俗、歴史、経済、文化生活等を具えており、大きな参考価値を持つという。唐氏によると、青銅剣の発見によって、この墓の主が男性であるという推測が実証されたという。なぜなら、この時代の高官貴族は男性だけが腰に宝剣を下げることができ、死後も墓の中に宝剣等の武器を陪葬できたからである。女性の墓からは一般的に化粧箱や頭につける飾りなどの陪葬品が出土するという。

(翻訳・坂本)

 (08/09/09 00:00)  





■関連文章
  • 現地政府介入の不当融資事件に抗議、群衆1万人が交通網遮断=中国湖南省(08/09/06)
  • 公安局ビルで爆発事件発生=中国湖南省永州(08/07/22)
  • 井戸からディーゼルオイル=中国湖南省(08/07/18)
  • 地震の前兆か 百年の古井戸4ヶ所が一夜にして枯れる=中国湖南省(08/06/28)
  • 2300年以上前の越王剣、本物と鑑定=中国浙江省(08/05/27)
  • 中国湖南・長沙:労働者数千人、座り込み抗議(08/04/13)
  • 人権聖火、中国湖南省長沙出現=民衆が積極的に参加(08/04/09)
  • 中国湖南省:森林火災で22人死亡(08/03/04)
  • 鳥インフルエンザに感染、男性死亡=中国湖南省(08/02/22)
  • 中国湖南省:地質災害予報警告を発布(08/02/12)
  • 貴州、湖南、雲南各省で、雪害による大停電(08/01/31)
  • 中国湖南省の化学工場周辺、住民大量中毒事件が発生(08/01/28)
  • 化学精錬工場付近で、村民千人以上が鉛中毒=中国湖南省(07/11/18)
  • 中国湖南省:湘江株洲で船舶300隻以上が滞留(07/11/07)
  • 114歳の武術家、健康の秘訣は生トマト=中国重慶市(07/09/15)