大紀元時報
トップ ウイルス
ウイルス
2019年8月、コンゴで、エボラ出血熱のワクチンを用意する看護師。参考写真(GettyImages)
2019.08.08
中国人科学者、カナダ旅客機でエボラ出血熱の生きたウイルスを輸送

カナダ国国立微生物生物研究所の中国出身の科学者2人は3月末、北京にエボラ出血熱など複数の生きたウイルスを送付していた。知的財産の窃盗の疑いが持たれており、カナダ警...

NTDTV
2019.02.26
動画ニュース
【動画ニュース】中国大手食品メーカーの冷凍食品からアフリカ豚コレラ 広範囲に流通

先日、中国・河南省の食品メーカーの豚肉入り冷凍水餃子からアフリカ豚コレラのウイルスが検出されたことがあきらかになりました。その後、他の大手食品メーカー10数社の冷...

顕微鏡で見たH1N1型インフルエンザウイルス (AFP)
2014.07.04
日本人科学者がH1N1型インフルエンザウイルスの変異株を複製 「テロ悪用」と懸念の声も 

【大紀元日本7月4日】米ウィスコンシン大学のウイルス学者、東京大学医科学研究所の元教授河岡義裕氏は、H1N1型インフルエンザウイルスを操作し、ヒトの免疫システムを...

2011.10.29
米衛星にサイバー攻撃 中国軍部からか ハッカー疑惑続出

 【大紀元日本10月29日】2007年から2008年の間、中国軍部のハッカーが4回にわたり、2基の米国衛星に攻撃を仕掛けた疑いが強まっている。ブルームバーグは、米...

中国の精密で容赦のない電子監視ネットワークの前に、中国に滞在する海外ビジネスマンは、ますます油断できなくなっている(Getty Images)
2011.10.01
中国滞在中、ネットスパイに警戒せよ=米ワシントン・ポスト紙

 【大紀元日本10月1日】中国政府は、厳しい電子監視のネットワークを駆使し、あらゆる隙を突いて情報を窃取しようと躍起になっている。これに対し、中国に滞在する米国の...

ミツバチの大量失踪事件が、相次いで報告されている (写真=大紀元資料)
2010.10.15
ミツバチの大量死 ウイルスと真菌が原因か=米研究

 【大紀元日本10月15日】一体、何がミツバチを死に追いやっているのだろうか。謎の大量死は世界各地で報告され、米国だけでも06年から20%~40%の養蜂場でミツバ...

Alpine pennycress(別名Thlaspi caerulescens)(ウィキペディア)
2010.09.25
自己防御のために 体内に金属を蓄える植物=英研究

 【大紀元日本9月25日】金属を豊富に含む英国や欧州の鉱山地帯に多く見られるアブラナ科グンバイナズナ属のAlpine pennycress(別名Thlaspi c...

手足口病の初期症状(ネット写真)
2010.05.08
中国衛生部:手足口病の感染急増、260人死亡

 【大紀元日本5月8日】中国衛生部関係責任者が7日、国内メディアに対して、手足口病の感染状況は4月に急増、例年より早くピーク時期を迎えたと発表。5月4日までの感染...

2009.11.26
<新型インフル>北京市感染者40万人 WHO:中国に変異ウイルスの感染症例も

 【大紀元日本11月26日】北京市衛生局局長・方来英(ファン・ライイン)氏は、23日に開かれた「新型インフル医療応急フォーラム」で、北京市だけで新型インフルに感染...

09年8月24日、サンディエゴ以南125キロにあるLa Caleraの七面鳥加工場(MARTIN BERNETTI/AFP/Getty Images)
2009.08.28
国連、七面鳥への新型インフル感染で警告

 【大紀元日本8月28日】国連食糧農業機関(FAO)は27日、1週間前に南米チリで七面鳥がH1N1型ウイルスに感染したと発表した。同機関は、家禽も感染対象になって...

香港はこれまでに9,105件の新型インフルエンザ感染が確認されている(Getty Images)
2009.08.25
新型インフル感染確認、9千件を突破=香港

 【大紀元日本8月25日】香港食物衛生局の周一岳局長は23日、同日だけで、新たに271件の新型インフルエンザ感染が確認されたと発表した。その他に、危篤状態に陥った...

コスタリカ共和国のオスカル・アリアス・サンチェス大統領(ネット写真)
2009.08.13
コスタリカ大統領が新型インフルエンザ感染、国家元首初

 【大紀元日本8月13日】コスタリカ政府は11日、オスカル・アリアス・サンチェス大統領(68)が新型インフルエンザ(H1N1型)に感染していることを明らかにした。...

2009.06.12
WHO:新型インフル、世界大流行宣言

 【大紀元日本6月12日】世界保健機関(WHO)は6月11日午後6時、新型インフルの警戒レベルを最高基準の「フェーズ6」に引き上げることを発表した。事務局長の陳馮...

2009.02.20
韓国:低病原性鳥インフル発生、感染拡大予防に2万羽以上処分

 【大紀元日本2月20日】韓国全羅南道の順天、固城、宝城の3か所の地鶏養鶏場から相次いでH5型低病原性鳥インフルエンザが発生し、防疫当局はこのほど、感染拡大を防ぐ...

香港バード・ウォッチング会の主席・張浩輝氏は、東平洲で収集したハッカチョウおよび大嶼山から採集した大口カラス、米埔で発見した蒼鷺等がゴミおよび鳥類死骸を食する共通性を持っていることから、香港の鳥インフルエンザはすでに第2段階の感染期に突入したと示した(大紀元)
2009.02.18
鳥インフル第2段階の感染期に突入=香港

 【大紀元日本2月18日】香港は今年に入り、大嶼山および屯門等西側海岸で採集した鳥類死骸からH5N1型鳥インフルエンザ・ウイルスが相次いで検出された。さらに2月1...

2009.02.03
鳥インフル感染者増加傾向、今年に入り8症例内5人死亡=中国

 【大紀元日本2月3日】今年1月、中国大陸で高病原性鳥インフルエンザに感染した患者はすでに8人まで増え、その内の5人が死亡した。2008年同期に比べ3症例増加した...

2009.01.20
中国:鳥インフル感染2人目死亡

 【大紀元日本1月20日】中国山東省疾病予防制御センターは、高病原性鳥インフルエンザに感染した女性が、1月17日に死亡したことを明らかにした。今年に入って、鳥イン...

国連の発表によると、鳥インフルエンザはすでに60数カ国で発生し、人類への大規模感染及び拡大の可能性はあるという(Getty Images)
2009.01.09
北京:鳥インフル感染で女性死亡

 【大紀元日本1月9日】北京市衛生局によると、1月5日、鳥インフルエンザに感染して死亡した北京朝陽区に在住する女性(19)は、高病原性H5N1型鳥インフルエンザ・...

漁農自然管理作業者は12月9日から2日間、元朗地区鳥インフルエンザ発生した農場内鶏を処分した(政府新聞局)
2008.12.16
香港で鳥インフル再発、ウイルス変異か

 【大紀元日本12月16日】香港新界元朗地区のある養鶏場から高病原性鳥インフルエンザが発生した。香港政府は12月9日、発生地およびそこから半径3キロ以内にあるもう...

香港は、6月11日に再び3つの市街地から採集した鶏糞サンプルが鳥インフルエンザH5N1型ウイルスに感染したことが明らかになった。仁愛街市街地の市場ではもう鶏の影もない(AFP)
2008.06.16
香港:鳥インフルエンザ感染拡大、97年以降最大の危機

 【大紀元日本6月16日】香港政府は6月11日にさらに3つの市街地で抜き取り検査用鶏糞サンプルより、鳥インフルエンザH5N1型ウイルスを検出し、感染範囲は香港全体...

2008.05.24
バングラディシュ:鳥インフルエンザ、初のヒト感染確認

 【大紀元日本5月24日】バングラディシュ政府は5月23日に、同国では初めての鳥インフルエンザのヒト感染症例を発表し、患者は16ヶ月の乳幼児(男)で、すでに回復し...

2008.04.30
中国安徽省:児童800人腸道ウイルス感染、19人死亡

 【大紀元日本4月30日】中国安徽省阜陽市当局は、本年すでに800人の児童はウイルスが腸道に感染し、19人が死亡したことを明らかにした。調べによると、今年3月以降...

2008.04.09
鳥インフルエンザ、ヒトーヒトへの感染確認=中国江蘇省

 【大紀元日本4月9日】中国疾病制御および予防センターはこのほど、昨年末鳥インフルエンザに感染した江蘇省在住の親子はヒトからヒトへの感染症例であることを明らかにし...

2008.04.06
パキスタン:鳥インフルエンザ、ヒトからヒトへの感染が確認

 【大紀元日本4月6日】昨年12月21日にパキスタン北西部バイサワ地区で鳥インフルエンザウイルスH5N1型に感染し、初めて死者が出たことを、世界保健機関(WHO)...

2008.02.22
鳥インフルエンザに感染、男性死亡=中国湖南省

 【大紀元日本2月22日】中国衛生部はこのほど、湖南省永州市の男性(22)が高病原性鳥インフルエンザH5N1型ウイルスに感染し死亡したことを発表にした。 報道によ...

大雨による処分の遅れで拡大の様相を見せるインドの鳥インフルエンザ=大量の処分に派遣された職員(DESHAKALYAN CHOWDHURY/AFP/Getty Images)
2008.01.27
鳥インフルエンザ拡大、8カ国インド産鶏製品輸入禁止発表

 【大紀元日本1月27日】人口8千万人の西ベンガル州のブールブーム県および南ディナージブル県で、1月15日に高病原性鳥インフルエンザH5N1型ウイルスの感染確認が...

2007.10.26
頻発するネットワーク攻撃、中国共産党の暗躍と非難=ドイツ情報機関

 【大紀元日本10月26日】ドイツ国内情報機関「連邦憲法保護局」は、ドイツ企業と政府機構はほとんど毎日ネットワーク攻撃を受け、これらの攻撃の裏に中国共産党が暗躍し...

1997年に香港で鳥インフルエンザが発生した際、鶏の大規模処分にて感染拡大を食い止めた=写真は香港の鶏販売市場で(大紀元/許珀珩)
2007.10.08
H5N1型鳥インフルエンザ・ウイルスが変異、人への感染力増強

 【大紀元日本10月8日】米ウィスコンシン州マジソン大学分校のウイルス学者・河岡義裕教授の研究チームは、「パブリック・ライブラリ・オブ・サイエンス」の学報で、H5...

ミツバチ集団消滅の元凶はウイルスの可能性=米テキサス州ミッションの養蜂場で(PAUL J. RICHARDS/AFP/Getty Images)
2007.09.08
蜜蜂集団消滅、中・豪輸入蜂製品のウイルスか=米誌

 【大紀元日本9月8日】米「サイエンス( Science)」誌最新号では、科学者たちは北米で少し前に起きた蜜蜂が突然に消えた「蜜蜂集団消滅(Colony Coll...

2007.09.07
米国防省にハッカー侵入、中国軍部が関与=英紙

 【大紀元日本9月7日】今年6月に中国軍部によるものと思われるハッカー攻撃のため、米国防省・ゲーツ国防長官オフィスのコンピュータシステムなどが1週間閉鎖された。英...

^