UAE沖の石油タンカー攻撃、イランが実行の可能性=米当局者

2019年05月14日 08時02分

[ワシントン 13日 ロイター] - サウジアラビアの石油タンカーがアラブ首長国連邦(UAE)沖で攻撃を受けた事件で、米当局者は13日、イランが実行した疑いが強いが、決定的な証拠がないと明らかにした。

サウジアラビアのファリハ・エネルギー相は、同国の石油タンカー2隻が12日、アラブ首長国連邦(UAE)フジャイラの沖合いで「意図的な妨害行為」の標的になったと明らかにした。国営サウジ通信社(SPA)が同エネルギー相の声明を伝えた。またUAEの外務省は、商業船4隻がUAEの領海近くで妨害行為の標的になったと発表した。

情報活動に詳しい米当局者は、イランの手口に合致するとして同国が関与した可能性を指摘した。

^