中国南部「ほぼ水没」、連日豪雨で河川決壊

2019年07月19日 16時55分

中国の珠江、湘江、長江流域では連日の豪雨により、約400本の河川で警戒水位を超えた。湘江では、堤防が決壊するなどの災害が起きている。被災者が投稿した動画には倒壊した建物や押し流された線路、水面に浮かぶ死体が映っている。

7月上旬以降、中国では江西、広西、広東、湖南など10以上の省で水害が発生している。政府機関は14日、国内の377の河川が警戒水位を超えたと発表した。全国で出された防災警報は合計1万5000回に上る。

ツイッターには各地の豪雨の様子を撮影した動画が投稿されている。湖南省で撮られた動画には、湘江両岸で水面が河川敷より5メートルも高くなり、付近の住民が決壊を防ぐため急いで砂嚢を積む様子が映し出されている。別の動画には洪水で死亡した人の遺体が流される様子も映っている。

 

湖南省衡山県では9日朝6時、曹家湖堤防が幅15メートルにわたって決壊し、樹木の高さにまで水があふれ、楊梓坪村など4つの村が水没し、134ヘクタールの土地が流された。

車や建物も水没し、数百戸の家屋が被害を受けたとされる。

7月8日より湖南省全域で雨が降り始め、降水量が最大だった株洲市では100ミリ近い雨が降った。9日からは湘江中流域以南の地域が連続して豪雨に見舞われ、省全体で868の町や村が被害にあった。そのうち369の町や村では堤防の決壊が起きた。

また株洲市の一部地域では鉄橋下の水位が警戒水位を超え、京広鉄道は運転を取りやめている。

湖南省の洪水干ばつ対策本部は11日、同省の被災者数は約280万人で、行方不明者は6人、死者は少なくとも11人、経済的損失は53億元を超えると発表した。

中国政府は被災地救援の指示を出したと発表するにとどまり、具体的な被災状況については公にしていない。

(大紀元日本ウェブ編集部)

 

関連キーワード
^