米国で訴追の中国人ハッカー、帰国後にセキュリティー講座を担当

2019年12月25日 16時52分

[上海 24日 ロイター] - 米国で様々なハッキングに関与した罪で有罪判決を受けた中国籍の講師が今年釈放され、中国国営の高等職業学校でインターネットセキュリティーなどの講座を担当していることが明らかになった。

この男性はユ平安氏(39)。「ゴールドサン」の別名を持つ。2017年8月に米国の大学を視察するためロサンゼルス国際空港に到着したところを逮捕され、18カ月間、サンディアゴ連邦拘置所に収容された。同氏はハッキングに関与した罪を認め、今年2月に釈放。中国に帰国後、元の職場に復帰した。

判決文によると、ユ氏が関与したハッキングで被害を受けた企業には、半導体大手のクアルコム、航空・防衛企業のパシフィック・サイエンティフィック・エナジェティック・マテリアルズ、ゲーム会社のライアットゲームズが含まれる。

法廷文書によると、ユ氏の専門は、コンピューター・ネットワーク・セキュリティー、プログラミング。

同氏はマルウェア(悪意あるソフト)のブローカーとして知られ、コンピューターを遠隔操作できるマルウェア「Sakula」をハッカーに提供していた。

Sakulaの作成者や同氏がどのようにSakulaを入手したかは不明だが、このSakulaは、数千万人の個人情報が漏えいした米健康保険大手アンセムに対するハッキングや、同じく数千万人の個人情報が流出した米連邦人事管理局(OPM)に対するハッキングなど、過去10年で最悪の被害が出たサイバー攻撃で利用されている。

米国では、中国の人民解放軍や国家安全省が欧米企業の技術を盗むため、共同でサイバー攻撃を行っているとの見方が浮上しており、近年、中国籍のハッカーが米国で刑事訴追されるケースが増えている。

ただ、実際に逮捕されるケースは少なく、ユ氏は米国で逮捕され有罪が確定した数少ない中国人ハッカーの1人とみられる。

ユ氏は、ハッキングの被害を受けた5社に対する約110万ドルの賠償金の支払いも命じられた。判決文によると、賠償金は月100ドルの分割払い(金利なし)で支払うことになっており、完済までに900年以上かかる計算だ。

ユ氏の弁護人を務めたジェレミー・ウォーレン氏は「ユ氏は中国籍の高等学校講師であり、現実的には完済の見込みはない」としながらも、18カ月の拘留は「決して楽な時間ではなかった」と述べた。

中国外務省はユ氏の件について「関知していない」とコメント。「我々はいかなるサイバー攻撃にも断固として反対する」とした上で、米国のハイテク分野の訴追には「冷戦のメンタリティー」がみられると批判した。

ロイターは先月、ユ氏が国営の高等職業学校である上海市商業学校で講師を務めていることを突き止めた。米当局者によると、ユ氏は以前もこの学校で働いていた。

教室の外の電子掲示板によると、ユ氏は「インターネットセキュリティーのための基礎英語」といった講座を担当。元生徒の1人は「政治的な理由」でコメントできないと語った。

ユ氏はロイターの取材に対する回答を控えており、学校関係者もユ氏のプライベートに関わる問題だとコメントしている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^