THE EPOCH TIMES
トランプ陣営干渉疑惑

FBI、CIA、司法省まで…監視権力を乱用か オバマ政権5つのスパイ手法

2018年06月08日 06時00分

「魔女狩りが絶えず続いている」。トランプ大統領は2016年米国大統領選挙で、当時のバラク・オバマ大統領政権が自身の選挙陣営に仕掛けてきた多岐にわたるスパイ工作について、司法省に調査を要請した。

トランプ氏の選挙運動のロシア介入疑惑について、FBIの捜査からすでに1年経つが、双方が選挙において共謀したとの証拠は見つかっていない。

いっぽう、オバマ政権によるトランプ陣営に対する違法性の疑われるスパイ工作に注目が集まる。5月21日、トランプ大統領は「(当時の)FBIや司法省が、政治目的のためにトランプ陣営に潜入調査したかどうか調べるよう、司法省に要請する」とツイートした。

これまでのトランプ政権の司法省や下院情報委員会の調べでは、オバマ政権時、FBIや司法省の監視活動権利の乱用、国内法を迂回(うかい)できる外国諜報機関による情報収集などが、トランプ選挙陣営に対して行われていたという。

トランプ大統領は、ヒラリー・クリントン派の当局者や民主党員以外にも、自らの陣営に対する政治的な操作が組織的に行われたとの告発を受けて「ウォーターゲート」よりも深刻な問題だとの認識をツイッターで示した。

2015年末からスパイ FBI、不倫相手とのメッセージから発覚

トランプ政権における米上院の委員会が公開した、米大統領選ロシア介入疑惑調査報告には、FBI関係者のメッセージのやり取りが含まれていた。

参考リンク:米上院国土安全保障および政府問題委員会の資料

6月4日までに公開された、ベテランFBI調査官ピーター・ストラック氏とFBI担当弁護士リサ・ページ氏がやり取りしたテキストメッセージ5万通のなかで、特に注目を集めたのは、2016年9月2日ページ氏からストラック氏に打たれたものだ。

「FBIジェームス・コミー長官からオバマ大統領に伝える内容を準備しよう、大統領は私たち(FBI)がしていることの全部を知りたがっている」。

不倫関係にあったとされるこの2人のメッセージには、ほかにも「ヒラリーが10000...0(超高確率で)勝つべき」「(トランプ氏は)バカである」などの言葉があった。

また、2人の間のメッセージ内容によると、少なくともトランプ陣営に対するFBIの諜報の動きは2015年12月から始まっていた。

ストラック氏は、ヒラリー・クリントン民主党大統領選候補による私用Eメールサーバーおよび、トランプ陣営のロシア介入疑惑の調査チームの主要メンバーだった。2人はすでに任を解かれている。

監視権力を乱用 オバマ政権5つのスパイ行為

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^