米最高裁 トランプ氏に免責認める判決、その意義と影響

7月1日、アメリカ最高裁判所は前大統領ドナルド・トランプ氏に免責の勝利をもたらし、トランプ氏が在任中に行った行動について刑事訴追を大幅に免れることとなった。九人の裁判官は6対3の票決で、大統領がその核心的な職務範囲内で行う行動については絶対的な免責を有し、他のすべての公式行動についても推定的に免責を享受するとの判断を下した。
2024/07/03 程雯

【プレミアム報道】法律専門家、特別検察官の任命は違憲(下)

ロリダ州の判事は、特別検察官が違法に任命されたとの主張に基づき、トランプ氏の訴訟を却下する申し立てを審理する予定だ
2024/06/09 Catherine Yang

【プレミアム報道】法律専門家、特別検察官の任命は違憲(上)

フロリダ州の判事は、特別検察官が違法に任命されたとの主張に基づき、トランプ氏の訴訟を却下する申し立てを審理する予定だ。
2024/05/22 Catherine Yang

米、中国人のグーグル元従業員を起訴 盗んだ商業技術で中国起業

米司法省は6日、グーグル元従業員の丁林葳(リンウェイ・ディン)被告(38)を、グーグルの人工知能(AI)に関する商業機密を盗み、中国企業に横流しした疑いで起訴したことを発表した。厳しいセキュリティ対策を講じている巨大IT企業から機密情報を盗み出す、その手口とは。
2024/03/08 Wenliang Wang

米司法省、中国政府工作員5人を一斉起訴 「国境を超えた弾圧計画」に関与

米司法省(DOJ)は16日、中国系移民に対する嫌がらせや尾行、スパイ行為、連邦政府職員への贈賄、法執行機関への欺瞞などの罪で、中国政府の「秘密工作員」5人を起訴した。
2022/03/17

中国スパイとの関係を隠蔽 米司法省、元陸軍ヘリ操縦士を起訴

米陸軍の元ヘリ操縦士が、国家安全保障上の身元調査で虚偽の証言をしたとして起訴された。
2021/10/08

米司法省、学校職員に対する保護者からの脅迫に対処案

メリック・ガーランド司法長官は10月4日、教育委員会、教師やその他の職員に対する保護者の暴力、脅迫、嫌がらせなどの脅威に対処する取り組みを発表した。
2021/10/07

米司法省、中国軍と繋がり持つ研究者5人の起訴取り下げ「すでに十分な罰」

米司法省はこのほど、昨年ビザ詐欺で逮捕された中国軍の研究者5人の起訴を取り下げた。
2021/07/26

米、ナチスの強制収容所の元看守をドイツに送還

米司法省は19日、テネシー州在住のフリードリヒ・カール・ベルガー(Friedrich Karl Berger)氏(95歳)をドイツに強制送還した。ベルガー氏は1945年にナチスドイツで強制収容所の看守をしていた。
2021/02/22

米司法省「選挙不正の調査は終わっていない」長官発言の報道は間違いと声明

米司法省は1日、ウィリアム・バー司法長官の発言をめぐる報道について、声明を発表した。一部のメディアは、同長官はAP通信とのインタビューで、「これまでのところ、選挙で異なる結果をもたらす規模の不正行為は見られていない」と述べたと報じた。
2020/12/02

米司法省、中国ハッカー組織APT41の5人を起訴 「中国公安が保護してくれる」と供述 

米司法省は9月16日、米国や日本を含む100以上の企業や団体を広範囲にハッキングで不法侵入した罪で中国のハッキンググループ「APT41」の指揮下にある中国人メンバー5人とマレーシア人ビジネスマン2人を起訴した。
2020/09/19

サンフランシスコ中国領事館もスパイ拠点=米政府関係者

米国はスパイ行為などの安全保障問題を理由に、ヒューストン中国総領事館を閉鎖させた。米国政府関係者は相次ぎ、米国技術系の大手や研究機関が集まるシリコンバレーに近い、サンフランシスコ中国総領事館を名指しして「スパイ活動の拠点」と明言した。
2020/07/30

米司法省、中国軍ハッカーを起訴 米大手信用企業から1億4000万人分データ盗む

米司法省ウイリアム・バー(William Barr)司法長官は10日、中国軍のハッカー4人を起訴したと記者会見で発表した。長官によると、米国人口の半分の個人情報を盗む、史上最大級のデータ漏えい事件の1つだという。
2020/02/13

米、ノキア、エリクソンに異例の投資を検討 5Gめぐるファーウェイ対抗策=米司法長官

2月6日、米国高官は次世代通信規格5G設置で、フィンランドのノキア(Nokia)とスウェーデンのエリクソン(Ericsson)を支援する投資計画を積極的に検討すべきだと述べた。両社は、中国通信機器大手ファーウェイ(華為技術)に競合する数少ない企業。通信技術は各国の安全保障上の重要項目となっている今、米中は、世界で優位性獲得を争う「5G覇権争い」を続けている。
2020/02/07

法輪功迫害は海外でも 米司法省は宗教迫害の対応強化=討論会

米国政府高官は10月8日、米シンクタンク・ヘリテージ財団で行われた討論会後の記者会見で、中国共産党の法輪功に対する迫害は米国にまで及んでいると述べた。
2019/10/15

米検察、ファーウェイを捜査中 新たな技術窃盗疑惑で=米WSJ

米検察当局は、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)に対する新たな技術情報窃盗の疑いについて捜査を進めていることがわかった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が29日報じた。
2019/08/30

米当局、中国のスパイ行為は「最大の脅威」 今後対抗措置へ

米情報機関と国家安全保障当局の高官は12日、上院での公聴会において、米国内における中国スパイによる諜報活動は依然として、米経済と国家安全への「最大な脅威である」と強調した。
2018/12/15

FBI、CIA、司法省まで…監視権力を乱用か オバマ政権5つのスパイ手法

「魔女狩りが絶えず続いている」ー。トランプ大統領は2016年米国大統領選挙で、当時のバラク・オバマ大統領政権が自身の選挙陣営に仕掛けてきた多岐にわたるスパイ工作について、司法省に調査を要請した。
2018/06/08

米企業による賄賂事件、中国当局がようやく調査開始

 【大紀元日本8月29日】米国のコントロール・コンポーネンツ社(CCI)が、中国国有企業9社に賄賂を贈ったとされる事件で、中国国務院国有資産監督管理委員会は20日、本格的な内部調査を行うと発表した。こ
2009/08/29