トランプ氏、特別検察官任命に反発 「米国史上最悪な司法の政治化」

2022/11/21
更新: 2022/11/21
コメント

司法省のガーランド長官は18日、トランプ前大統領を巡る疑惑を調査するため、ジャック・スミス氏を特別検察官に任命した。これに対しトランプ氏は反発、「司法の政治化」であると非難した。トランプ氏は15日に大統領選出馬を表明したばかり。

「前大統領が次期大統領選に立候補したことや、現職の大統領も立候補の意向を示すなどの近日の情勢を鑑み、特別検察官を指名することが大衆の利益に適うと判断した」とガーランド氏は述べた。

特別検察官に任命されたジャック・スミス氏はコソボ紛争での戦争犯罪を扱うオランダ・ハーグ特別法廷の首席検察官。米国内で数々の刑事事件を担当した経歴を持つ。

特別検察官に任命されたジャック・スミス氏 (Photo by PETER DEJONG/ANP/AFP via Getty Images)

米司法省が裁判所に提出した文書によると、トランプ氏は大統領文書の一部を自宅の「マール・ア・ラーゴ」に保管しており、国防情報の保持を禁じた「スパイ活動法」など複数の法律に抵触している疑いがある。連邦捜査局(FBI)は8月、「マール・ア・ラーゴ」を予告なしに捜査し、機密文書を含む書類およそ1万1200点を押収した。

トランプ氏は同日、特別検察官の任命に強く反発、FOXニュースの取材に対し「米国史上最悪な司法の政治化だ」と述べた。「私は6年間もこれに耐えてきた。もうたくさんだ」

トランプ氏は、「ロシアゲート」について捜査したものの、ロシアとの結託はなかったことを裏付けたロバート・ムラー特別検察官の例を引き合いに出し、自身は濡れ衣を着せられていると主張した。

トランプ氏は大統領選出馬を表明した15日にも、司法の現状を批判した。最大の脅威は内部にあるとし、「司法制度、FBI、DOJ の兵器化こそ最大の問題だ。ワシントンD.C.の汚職と腐敗を一掃すべく大改革が必要だ」と訴えた。

政治、経済、安全保障などを担当しております。