THE EPOCH TIMES

ホワイトハウス法律顧問退任へ、ロ疑惑捜査協力で大統領と関係悪化

2018年08月30日 10時52分

[ワシントン 29日 ロイター] - トランプ米大統領は29日、ホワイトハウスのドン・マガーン法律顧問が今秋退任するとツイッターで明らかにした。

マガーン法律顧問は最高裁判事候補の選定で中心的役割を果たし、ブレット・カバノー判事の指名を主導した。議会でカバノー氏の指名が承認された後、離職するという。カバノー判事の指名承認は最高裁の次期開廷期が始まる10月上旬までに行われるとみられている。

2016年米大統領選でもトランプ陣営で重要な役割を担ったが、ロシアの大統領選介入疑惑を巡る捜査に自主的に協力したことが引き金となり、トランプ大統領との関係は悪化。退任は広く予想されていた。

米紙ワシントン・ポストによると、マガーン氏はモラー特別検察官の捜査チームによる聴取で、トランプ大統領によるコミー前米連邦捜査局(FBI)長官の解任や、セッションズ司法長官やローゼンスタイン司法副長官への批判について質問を受けたという。

トランプ大統領はツイッターへの投稿後、記者団に対し、マガーン氏が捜査チームに明らかにしたことに関して懸念していないと言明し、「われわれは全て規則通りにやっている」と述べた。

政権当局者によると、マガーン氏は自身の退任についてトランプ大統領がツイッターで発表することは事前に知らなかったが、連邦裁判所判事への保守派指名や規制緩和などで功績を残したことから退任を考えていたという。

トランプ政権発足後、ホワイトハウス高官の離職率は歴代最高の水準にある。

トランプ大統領にとってマガーン氏の退任は、ロシア疑惑を巡る捜査にもっと強硬な姿勢で対抗する用意のある人物を後任に起用するチャンスとなる可能性がある。

ホワイトハウスのサンダース報道官は、トランプ大統領がまだ後任を決定していないことを明らかにした。

後任としては、ロシア捜査への対応を支援するため5月にホワイトハウスに加わった弁護士のエメット・フラッド氏が有力視されており、サンダース報道官は同氏について「(ホワイトハウスで)非常に尊敬されている」と述べた。その上で、現時点で確定した計画はないとした。

フラッド氏は特別検察官による捜査への懐疑的な姿勢で知られ、スター特別検察官(当時)の捜査を受けたクリントン元大統領の弾劾裁判で助言役を務めた経歴を持つ。

このほか、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は、司法省反トラスト局の責任者であるマカン・デルラヒム氏も候補に挙がっていると報じた。

*内容を追加しました。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^