THE EPOCH TIMES

中国貿易統計、8月は輸出が小幅鈍化 対米黒字は過去最大に

2018年09月10日 08時09分

[北京 8日 ロイター] - 中国税関総署が発表した8月の貿易統計によると、輸出の伸びが鈍化した一方、対米貿易黒字は過去最大の水準に拡大した。

対米貿易黒字は310億5000万ドルと前月の280億9000万ドルから拡大、これまで最大だった6月の水準も上回った。1─8月では黒字が15%程度拡大した。

8月の全体の輸出は前年比9.8%増に小幅鈍化し、3月以降で最小の伸び率となったが、最近の傾向をやや下回る程度にとどまっている。エコノミスト予想は10.1%増、7月は12.2%増だった。

中海晟融資本管理のエコノミストは「(輸出の伸びが底堅い)主因は米国経済の堅調な拡大」であると指摘。米国の関税導入による影響は今後数カ月は限定的との見方を示した。

米国への輸出は13.2%増加した。7月は11.2%増だった。米国からの輸入は2.7%増となり、7月の11.1%増から鈍化した。

8月の輸入は20%増とエコノミスト予想(18.7%増)を上回ったが、7月の27.3%増からは鈍化した。

8月の貿易黒字額は279億1000万ドル。エコノミスト予想は317億9000万ドル、7月は280億5000万ドルだった。

対米黒字は総黒字額を下回り、米国以外の国に対する貿易収支が赤字であることを示した。

交通銀行のアナリストは「米中貿易摩擦の悪影響のリスクが増した。輸出への影響が徐々に出てくる可能性があり、今後の輸出の伸びは鈍化する可能性がある」と述べた。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^