大紀元時報

ブラジル次期大統領にトランプ氏が祝意、米国との関係強化へ

2018年10月30日 10時41分

[リオデジャネイロ 29日 ロイター] - ブラジル大統領選で勝利した右派のボルソナロ氏は28日、トランプ米大統領から祝意の電話を受けた。同氏の最初の外遊先はチリが予定されており、次に米国を訪れる計画という。

トランプ氏は、ボルソナロ氏へ祝意を伝えた電話会談は素晴らしかったとし、貿易や安全保障などの分野で連携していくことで合意したとツイッターに投稿した。

フェイスブックのライブビデオでボルソナロ氏は「あなた方は、政府が憲法や自由、神を守るということの証人だ」と語った。

新政権の首席補佐官候補のオニクス・ロレンツォーニ氏はロイターに対して、最初の外遊先はチリになると述べ、その後米国訪問を考えていると明らかにした。

ボルソナロ氏は29日にはポンペオ米国務長官とも電話会談を行い、外交政策上の優先課題での連携について協議した。ベネズエラや国際犯罪、経済連携強化などが話題になったという。

新政権への期待からブラジルの主要株価指数は29日に一時3%上昇し、過去最高値を記録した。ただ、その後押し戻され、2.2%安で終了した。

新政権の経済担当閣僚に指名されているパウロ・ゲジス氏が財政改革を推し進めると投資家は期待している。

ゲジス氏はシカゴ大学で学んだ経済学者。28日には、国有企業の民営化や財政赤字の縮小、税制の簡素化、所得税引き下げによる雇用創出に言及し、新規定でインフラ部門の投資を底上げすると説明した。

首席補佐官候補のオニクス・ロレンツォーニ氏は29日、ボルソナロ政権下で中銀は独立性を保つと言明。為替相場の目標は設定しないが、相場の予測可能性を高める意向を示していると語った。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^