大紀元時報

TPP、年内発効へ 6カ国目の豪州が国内手続き終了

2018年10月31日 12時02分

[ウェリントン 31日 ロイター] - ニュージーランド政府は31日、米国を除いた環太平洋連携協定(TPP)が12月末に発効する見通しになったと明らかにした。6カ国目となるオーストラリアが国内手続きを終了したとNZ政府に通知したことを受けた。

TPPはすでに、ニュージーランドと日本、カナダ、メキシコ、シンガポールが国内手続きを終えている。

ニュージーランドのパーカー貿易・輸出振興相は6カ国目の国内手続き終了を受けて「60日後のTPP発効および第一弾の関税引き下げへのカウントダウンが始まった」と表明。NZ政府はTPPの事務局を務めている。

米国が昨年の早い段階でTPP離脱を表明したことを受け、残る11カ国が再交渉を実施し、今年1月に「包括的および先進的環太平洋連携協定(TPP11)」について最終合意に至った。日本は米国の離脱後、議論を主導した。

11カ国のうち国内手続きを終えていないのはブルネイ、チリ、マレーシア、ペルー、ベトナムの5カ国。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^