大紀元時報

英国がEUに残留する確率、従来の20%から40%に上昇=JPモルガン

2018年12月05日 22時30分

[5日 ロイター] - JPモルガンのエコノミストは5日、英国が欧州連合(EU)に残留する確率が40%に高まったとの見方を示した。欧州司法裁判所(ECJ)の法務官が前日、英国にはEU離脱の決定を一方的に撤回できる権利があるとの判断を示したことに言及した。

エコノミストのマルコム・バー氏はリサーチノートで「英国には現在、(離脱決定を)一方的に取り下げ、時間をかけて次の行動を決定するという選択肢があるようだ」と指摘。その時間は新たな国民投票を行うために使われる可能性があるとした。

英国がEUに残留する確率はこれまでは20%とされていた。同氏はまた、合意なき離脱となる確率を20%とし、従来の10%から引き上げた。秩序ある離脱となる確率は50%で、従来の60%から引き下げた。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^