大紀元時報

天津の移植病院、新疆ウイグルから来た臓器を使用=民衆法廷で証言

2019年01月09日 15時21分

「移植用の臓器は今、すべて新疆ウイグル自治区からきている」2018年12月にロンドンで行われた模擬裁判で、中国における収容者からの強制的な臓器収奪について、出廷者が証言した。台湾の知人家族が天津で移植手術を受ける際、主治医から説明を受けたという。

中国共産党体制が主導する臓器収奪という人道犯罪を懸念する専門家は、12月に模擬裁判・民衆法廷を開いた。裁判長を務めたジェフリー・ニース卿は、7人の陪審員を代表して「中国では良心の囚人からの臓器強制収奪が長期にわたり行われている。非常に多くの犠牲者が出ていると全会一致で認める」と公聴会最終日の10日に述べた。

副検察官や勅撰弁護人の肩書を持つニース卿は、この度の民衆法廷では、2019年の春に予定されている最終判決前に暫定結果を公表するという異例の措置を取った。その目的は、臓器収奪問題の迅速な世界的周知により「罪のない人達を危険から守る」ためだという。中国での臓器移植患者は、海外からの渡航者も含まれる。

中国側はこのたびの民衆法廷についてコメントを出していない。12月22日の中間裁定によると、ニース卿は、今春の最終判決前に中国の意見陳述の出廷を促す。また、更なる臓器収奪の証拠については継続して広く情報提供を呼び掛けている。

「臓器はすべて新疆から」

中国のネットに流通した、ウイグル自治区のカシュガル空港に設置された臓器空輸のための優先ルート案内(エンヴァー・トフティ氏提供)
 

90年代、新疆ウイグル自治区で外科医を勤めたエンヴァー・トフティ氏は、中国当局の指図により囚人の臓器摘出に関わった経験を公表している。トフティ氏は民衆法廷12月10日の証言台に立ち、20年前の自身の体験を述べるほか、近年国際的に問題視される新疆の数十の収容施設における、臓器収奪の疑いを指摘した。

トフティ氏は2017年10月に台湾台北を訪問した。兄が天津市に腎臓移植のための移植ツアーに参加したという台湾人から、次のような話を聞いたという。この兄は、中国共産党が弾圧する法輪功の学習者は、臓器収奪の大規模な犠牲者だと認知している。

「兄は担当外科医に、法輪功学習者の臓器は移植しないように頼んだ。主治医は患者を落ち着かせるため、今はすべての臓器は新疆から来ているから大丈夫だ」と述べたという。

新疆ウイグル自治区のカシュガル空港、イリ市空港には、臓器運搬用の優先通路の案内表示がある。2017年10月、中国政府系メディアは、民間航空会社・中国南方航空は少なくとも2016年5月からの約1年で、500件以上の移植用生体臓器を空輸したと報道した。

南方航空によると、「特別なリクエスト」として、人間の臓器を機内に持ち込む臓器調達機関の職員は、出発の4時間前までに関係書類を提出し、臓器が適切に梱包されていることが確認できれば、空輸が許可される。

中国の臓器移植問題を調べる国際組織「追査国際」(WOIPFG、本部=米国)代表で米ハーバード大学医学研究員の汪志遠氏は2017年10月、大紀元の取材に対して、人民解放軍総後勤部が臓器バンクを管理し、臓器移植手術を行う病院は軍関連の病院が多いと述べた。また、当局は「豊富な臓器バンクを全国に持ち、常にドナーのデータを準備している。全国の患者のニーズに合わせて、臓器を強制摘出して空輸している可能性がある」と述べた。

WOIPFGは2018年12月、中国の国認定の移植病院院長や移植技術センター責任者に対する調査報告を発表した。それによると、9の病院を含む11の回答者が、法輪功の臓器の使用について肯定した。WOIPFGは、いまもなお中国共産党政府の弾圧政策により拘束された法輪功学習者は、臓器強制摘出の被害に遭っていると指摘した。

2016年5月、中国衛生部(厚生省)や交通運輸部(交通省)、公安、中国赤十字らは共同で、臓器輸送に関する特別ルート「グリーン・ルート(緑色通道)」の設置を発表。それによると、人体臓器運搬に係る関係者は緊急対応として通関の高速化、乗り継ぎ、飛行機の離陸や列車の乗車を優先することができる。

(文・佐渡道世)

※タイトルおよび本文を一部修正しました。2019年1月10日14時50分

関連キーワード

関連特集

^