大紀元時報

米・通貨安国関税「今の段階で大いに懸念していない」=麻生財務相

2019年05月24日 12時54分
5月24日、麻生太郎財務相(写真)は閣議後会見で、米商務省が検討していると報じられている、通貨安誘導国を対象とした追加関税について、「財務省で少なくとも今の段階で大いに懸念している人はいない」と述べた。写真は都内で昨年3月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)
5月24日、麻生太郎財務相(写真)は閣議後会見で、米商務省が検討していると報じられている、通貨安誘導国を対象とした追加関税について、「財務省で少なくとも今の段階で大いに懸念している人はいない」と述べた。写真は都内で昨年3月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 24日 ロイター] - 麻生太郎財務相は24日の閣議後会見で、米商務省が検討していると報じられている、通貨安誘導国を対象とした追加関税について、「財務省で少なくとも今の段階で大いに懸念している人はいない」と述べた。25日から来日するトランプ大統領らとの会談の可能性については明言を避けた。

ロイターは24日、米商務省が通貨が過少評価されている国に相殺関税を検討していると報じた。報道に関して麻生財務相は、「影響がどのような形ででてくるかは、いわゆるマーケットの話だ」と指摘。日本が通貨安誘導を行なっていないと「詳しく知っている人ならば、日本は関係ないと見るだろう。そうと知らない人は、そう(日本に影響があると)思うかも知れない」と述べ、現時点で静観する姿勢を示した。

トランプ大統領の訪日に合わせて、米通商代表部(USTR)のライトハイザー氏も来日すると報じられており、大統領と随行閣僚らと会談する可能性については「話せない」と回答した。

(竹本能文)

^