大紀元時報

コーツ米国家情報長官が退任へ、後任にラトクリフ下院議員

2019年07月29日 09時54分
7月28日、トランプ米大統領はコーツ国家情報長官(写真)が8月15日付で退任すると発表し、後任に共和党のジョン・ラトクリフ下院議員を指名する意向を明らかにした。ワシントンで1月29日撮影(2019年 ロイター/Joshua Roberts)
7月28日、トランプ米大統領はコーツ国家情報長官(写真)が8月15日付で退任すると発表し、後任に共和党のジョン・ラトクリフ下院議員を指名する意向を明らかにした。ワシントンで1月29日撮影(2019年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 28日 ロイター] - トランプ米大統領は28日、コーツ国家情報長官が8月15日付で退任すると発表し、後任に共和党のジョン・ラトクリフ下院議員(テキサス州)を指名する意向を明らかにした。

コーツ氏はロシアやイラン、北朝鮮問題を巡りトランプ大統領と意見が対立していた。

国家情報長官は2001年9月11日の米同時多発攻撃を受けて創設されたポストで、米中央情報局(CIA)など17の情報機関を統括する。

ラトクリフ氏は連邦検事やテキサス州ヒース市長などを経て2015年に下院議員に選出され、下院情報委員会と司法委のメンバーを務める。ロシア疑惑捜査を巡るモラー元特別検察官の先週の議会証言では、トランプ氏を強く擁護した。

コーツ氏は2017年3月から国家情報長官を務めたが、ロシアに対する強硬な姿勢でトランプ氏との相違が鮮明になったほか、今年1月には北朝鮮が核兵器を放棄する可能性は低いと指摘。イランを巡っても、同国は2015年核合意を履行してきたと述べるなど、トランプ氏と異なる見解を示していた。

^