大紀元時報

日韓関係は厳しいが、連携すべき課題は連携する=菅官房長官

2019年07月29日 14時08分
7月29日、菅義偉官房長官(写真)は午前の会見で、韓国内で日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を求める声が上がっていることに関連し、日韓は連携すべき課題では連携するとの認識を示した。写真は都内で2017年8月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)
7月29日、菅義偉官房長官(写真)は午前の会見で、韓国内で日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を求める声が上がっていることに関連し、日韓は連携すべき課題では連携するとの認識を示した。写真は都内で2017年8月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 29日 ロイター] - 菅義偉官房長官は29日午前の会見で、韓国内で日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を求める声が上がっていることに関連し、日韓は連携すべき課題では連携するとの認識を示した。

共同通信は28日、日本政府による韓国への輸出規制を背景に、北朝鮮の宣伝サイトがGSOMIA破棄を韓国に要求する一方、韓国内でも労働組合などが文政権に破棄を求めている、と報じた。

菅官房長官は、GSOMIAは2016年に締結されて以来、地域の安定に寄与してきたとの認識を示し「日韓関係は厳しい状況にあるが、連携すべき課題では連携する」と述べた。

^