大紀元時報

豪で東ティモールとの海の境界線法案可決、ガス田共同開発へ

2019年07月30日 12時46分
7月30日、オーストラリア議会は29日、東ティモールとの海の境界線を規定する実施法案を可決した。これにより、境界に当たるティモール海底にあるガス田「グレーター・サンライズ」がもたらす利益の両国間での分配で枠組みができたことになる。写真はオーストラリアのモリソン首相。昨年11月ダーウィンでの代表撮影(2019年/ロイター)
7月30日、オーストラリア議会は29日、東ティモールとの海の境界線を規定する実施法案を可決した。これにより、境界に当たるティモール海底にあるガス田「グレーター・サンライズ」がもたらす利益の両国間での分配で枠組みができたことになる。写真はオーストラリアのモリソン首相。昨年11月ダーウィンでの代表撮影(2019年/ロイター)

[メルボルン 29日 ロイター] - オーストラリア議会は29日、東ティモールとの海の境界線を規定する実施法案を可決した。これにより、境界に当たるティモール海底にあるガス田「グレーター・サンライズ」がもたらす利益の両国間での分配で枠組みができたことになる。

このガス田は1974年に発見され、ガスの埋蔵量は5兆1000億立方フィート前後とされる。境界線を巡る対立から開発が遅れていたが、2018年3月に歴史的な合意が成立した。

オーストラリアのモリソン首相は、「実施法案の可決により、オーストラリアが東ティモールと協力し、双方の利益のためグレーター・サンライズを共同開発する用意が整った」との声明を発表した。

^