大紀元時報

エスパー米国防長官、中距離ミサイルのアジア配備に前向き

2019年08月05日 10時26分
Mark Esper waits to be sworn in as the new Secretary of Defense in the Oval Office of the White House in Washington, U.S., July 23, 2019. REUTERS/Leah Millis - RC14BC198E10
Mark Esper waits to be sworn in as the new Secretary of Defense in the Oval Office of the White House in Washington, U.S., July 23, 2019. REUTERS/Leah Millis - RC14BC198E10

[シドニー 3日 ロイター] - エスパー米国防長官は3日、地上配備型の中距離ミサイルを比較的早期にアジアに配備することに前向きな姿勢を示した。米国は2日、旧ソ連と1987年に締結した中距離核戦力(INF)廃棄条約を正式に離脱したばかりで、軍拡競争を巡る懸念の高まりや一段の米中関係悪化につながる可能性がある。

エスパー長官はオーストラリア訪問に同行した記者団から、アジアに地上配備型の中距離ミサイルを配備することを検討しているかとの質問を受け、「配備したい」と答えた。

時期については「個人的には数カ月が望ましいと思うが、こうしたことは想定以上に時間がかかるものだ」と述べた。

また「軍拡競争が起きているとは思わない。われわれはアジア太平洋と欧州の両地域において必要な能力を構築するため、先を見越した措置を講じている」と説明した。

配備が検討されている場所は不明だが、エスパー長官はアジア歴訪中に各国高官と会談する見通しだ。

^