大紀元時報

モスクワ反政府デモで1000人超拘束、来週末に全国規模の抗議計画

2019年08月05日 11時38分
8月4日、ロシアの首都モスクワで3日、プーチン政権に批判的な勢力の呼びかけで自由選挙を求める抗議デモが行われ、1000人以上が拘束された。写真は反政権指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏、7月にモスクワで撮影(2019年 ロイター/Tatyana Makeyeva)
8月4日、ロシアの首都モスクワで3日、プーチン政権に批判的な勢力の呼びかけで自由選挙を求める抗議デモが行われ、1000人以上が拘束された。写真は反政権指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏、7月にモスクワで撮影(2019年 ロイター/Tatyana Makeyeva)

[モスクワ 4日 ロイター] - ロシアの首都モスクワで3日、プーチン政権に批判的な勢力の呼びかけで自由選挙を求める抗議デモが行われ、1000人以上が拘束された。反政権派は来週末に全国規模のデモを行う考えを示した。

3日のデモの参加者は、9月のモスクワ市議会選挙を巡り複数の反政権派候補が立候補を認められなかったことに抗議した。警察はデモ隊を強制排除し、独立系監視団体OVDインフォは4日、1001人が拘束されたとの見方を示した。

反政権指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏の支持者であるレオニド・ボルコフ氏は、ナワリヌイ氏の陣営が10日に全国規模のデモを計画していると明らかにした。デモでは投獄されている反政権活動家の釈放やモスクワ市議選への反政権派候補の出馬許可、モスクワ市長ら市当局幹部の辞任を要求するとした。

プーチン大統領やロシア政府は反政権派との対立についてコメントしていないが、プーチン氏に近いモスクワ市長のセルゲイ・ソビャーニン氏は、秩序を乱す行為としてデモを批判した。

^