大紀元時報

メキシコ大統領、米国の「でたらめな」銃販売非難

2019年08月06日 08時00分
8月5日、メキシコのロペスオブラドール大統領(写真)は、米南部テキサス州で起きた乱射事件でメキシコ人多数が死亡したことを受け、米国の「でたらめな」銃販売についてよく考えるべきだと非難した。定例の記者会見で語った。メキシコ市で7月撮影(2019年 ロイター/Edgard Garrido)
8月5日、メキシコのロペスオブラドール大統領(写真)は、米南部テキサス州で起きた乱射事件でメキシコ人多数が死亡したことを受け、米国の「でたらめな」銃販売についてよく考えるべきだと非難した。定例の記者会見で語った。メキシコ市で7月撮影(2019年 ロイター/Edgard Garrido)

[メキシコ市 5日 ロイター] - メキシコのロペスオブラドール大統領は5日、米南部テキサス州で起きた乱射事件でメキシコ人多数が死亡したことを受け、米国の「でたらめな」銃販売についてよく考えるべきだと非難した。定例の記者会見で語った。

大統領は「他国の政府が決めたことをメキシコは強く尊重するが、こうした不幸な事件が起きた以上、でたらめな銃の販売をどうにかするため、熟考し分析し決断すべきだ」と述べた。

^