大紀元時報

7月訪日外国人は5.6%増の299万人、韓国からは7.6%減

2019年08月22日 11時30分
8月21日、日本政府観光局が発表した今年7月の訪日外国人客数は、前年比5.6%増の299万1200人だった。写真は銀座で2016年10月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)
8月21日、日本政府観光局が発表した今年7月の訪日外国人客数は、前年比5.6%増の299万1200人だった。写真は銀座で2016年10月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 21日 ロイター] - 日本政府観光局が21日に発表した今年7月の訪日外国人客数は、前年比5.6%増の299万1200人だった。1カ月の客数としては過去最多。しかし、韓国からは同7.6%減の56万1700人だった。日韓関係の悪化が影響したとみられる。

今年1─7月の総客数は同4.8%増の1962万4800人。同じ時期の韓国からは同4.3%減の442万4400人だった。

7月の国別では、多い順に中国が同19.5%増の105万0500人、2位が韓国、3位が台湾の同0.3%減の45万9200人だった。

(田巻一彦)

^