大紀元時報

黄色いベスト運動、反G7サミットに参加 警察が警戒

2019年08月22日 18時41分
8月22日、27カ国(G7)首脳会議(サミット)に反対する抗議活動に、フランスの反政府運動「黄色いベスト」とスペインのバスク民族主義の団体が加わった。ビアリッツで21日撮影(2019年 ロイター/REGIS DUVIGNAU)
8月22日、27カ国(G7)首脳会議(サミット)に反対する抗議活動に、フランスの反政府運動「黄色いベスト」とスペインのバスク民族主義の団体が加わった。ビアリッツで21日撮影(2019年 ロイター/REGIS DUVIGNAU)

[アンダイエ(フランス)/イルン(スペイン) 22日 ロイター] - 7カ国(G7)首脳会議(サミット)に反対する抗議活動に、フランスの反政府運動「黄色いベスト」とスペインのバスク民族主義の団体が加わった。

抗議活動は、グローバル化に反対する団体や環境保護団体が展開。先進国の政策が貧富の格差拡大につながっていると訴えている。

G7サミットの開催地である仏ビアリッツ近郊のアンダイエとスペインのイルンでは50の非政府組織(NGO)が「反G7」サミットを開催。先進国の経済政策や環境政策に批判の声を上げている。

G7サミットに反対する「オルタナティブズG7」のセバスチアン・ベリュール氏は「G7サミットは、格差をメインテーマに掲げているが、先進国の政策自体が格差を生み出し、格差を広げる原因になっている」と批判。

黄色いベストは、燃料への環境税課税に反対する運動として始まり、昨年終盤から今年初めまでフランスで毎週抗議デモを実施。デモは暴動や略奪行為にも発展した。

ベリュール氏は反グローバル化の団体が黄色いベストと連携することに矛盾はないと発言。フランスの最も重要な社会運動である黄色いベストが参加しなければ、反G7サミットは失敗に終わっていただろうと述べた。

ベリュール氏は、スペインのバスク独立運動について、暴力行為を放棄しており、「反グローバル化という共通の世界観」を持っていると説明した。

反G7サミットは、アンダイエとイルンで24日に平和的なデモ行進を行う予定。

黄色いベストも同日、抗議活動が禁止されているビアリッツでデモを行うことを呼びかけおり、警察が警戒態勢を敷いている。

^