大紀元時報

在香港カナダ領事館、地元職員の中国本土への訪問を停止

2019年08月23日 14時30分
8月23日、在香港カナダ領事館は、地元職員の中国本土への訪問を一時的に停止したと発表した。写真は北京にあるカナダ大使館で1月撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)
8月23日、在香港カナダ領事館は、地元職員の中国本土への訪問を一時的に停止したと発表した。写真は北京にあるカナダ大使館で1月撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[香港 23日 ロイター] - 在香港カナダ領事館は23日、地元職員の中国本土への訪問を一時的に停止したと発表した。在香港カナダ領事館がロイターに送った電子メールで明らかになった。理由については言及しなかった。

中国外務省は21日、在香港英領事館の職員を深センで拘束したことを明らかにしている。

香港では中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」の改正案をきっかけとするデモが続いており、中国政府は、英国など西側諸国が介入しているとして非難している。

カナダ当局は、中国本土と香港の境界で、訪問者のデジタル機器への検査が強化されていると報告されていると警告している。

^