大紀元時報

台湾の厳選されたデザイナーズホテルを紹介する人気サービス『Dear b&b』が日本語版を正式リリース!

2019年09月13日 07時27分
Dear b&b のトップ画面
Dear b&b のトップ画面

オーナーこだわりのデザイナーズホテルを厳選、約700軒を取材

近年、手軽な海外旅行先として多くの日本人から人気を集める台湾。2018年には年間の訪台日本人数も過去最高人数の196万人を突破し、2017年の「行きたい海外旅行先」ランキングではハワイを抜いて一位となりました。そんな台湾で今ひそかにブームとなっているのが、一般的な大型ホテルやチェーン展開のホテルとは一線を画した、個人オーナーのセンスが光る個性豊かなデザイナーズホテルの数々。『Dear b&b(http://dearbnb.com)』は2012年に二人の台湾人女性が立ち上げたウェブサイトで、台湾全土にわたるこだわりのデザイナーズホテルを約700軒にわたり取材し、自らが定めた安心(Safe)・気遣い(Sweet)・驚き(Surprise)という3つの「S」基準をクリアした宿だけを厳選して紹介してきました(掲載数は約350件)。

宿泊施設の細やかな情報だけではなく、各ホテルのオーナーの想いや人生ストーリーまでを紹介する独特のスタイルが人気を集め、台湾でのサービスリリース以降、旅好きな若者や女性を中心としたユーザーを台湾や香港・中国から獲得。月間150万PV(累積利用者数500万人)を誇る人気サイトとなり、台湾の女性スタートアップ企業として国内外からも注目されています。

そしてこの度、個性豊かなデザイナーズホテルでの宿泊体験を通して出会える台湾の新しい魅力を、日本の旅行客にも伝えたいという想いで、2019年9月、日本語版・英語版を同時にリリース。各宿泊施設への【日本語での問い合わせ】にも対応し、台湾旅行の選択肢を拡げます。

『Dear b&b』日本語版にて紹介されるデザイナーズホテルの一例

日本語版に掲載される約100件の宿の中には、定番の台北や高雄などの都市部だけではなく、自然豊かな台湾東部エリアや離島などのホテルも含みます。有名デザイナーによる設計のスタイリッシュなプライベートホテル、伝統的な台湾の建築物を活かしたリノベーションホテル、一棟貸切のヴィラ、バックパッカーが気軽に宿泊できるフリースタイルなゲストハウスなど、一般的な旅行予約サイトには掲載されていない施設も多くあります。

サイト内では「#一人旅」「#恋人と」「#レトロ古民家」など旅のシチュエーション別の検索にも対応し、台湾を訪れる日本人に向けて、新たな旅の楽しみを提供します。

Dear b&b 創業メンバーについて

共同創業者の Minchelle Wen(写真左)と Rae Lin (写真右)

Minchelle Wen(Dear b&b 共同創業者/写真左)

Dear b&b 共同創業者。1982年・台南出身。政治大学哲学学科卒業後、SONY Taiwanに就職、様々な製品のマーケティング業務を務めてきた。創作と旅行が大好きで2009年より10ヶ国150日間の世界旅行へ。帰国後は旅行記を綴った書籍『綺麗的迷途』を出版し、2012年にビジネスパートナーのRaeと『Dear b&b』を立ち上げる。

Rae Lin(Dear b&b 共同創業者/写真右)

Dear b&b 共同創業者。1984年・台中出身。政治大学企業管理学科卒業後、台湾の飲料メーカー比菲多でマーケティングを務め「植物の優」や「純粹喝」など人気ドリンクの企画に関わる。食べることが大好きで「歩く美食検索アプリ」と言われることも。Minchelleと『Dear b&b』を立ち上げてからは、財務や取材対応、企画戦略などを担当している。


Dear b&b 台湾こだわり宿の手引き【日本語版】

Dear b&bはこだわりの詰まった宿を集めました。あなたのために実際に宿を訪ね、忠実に評価し、宿の魅力を紹介します。まるで窓のように、その窓を開けば、台湾各地の素敵な宿の数々が目の前に広がるでしょう。

https://dearbnb.com/ja/

 

関連キーワード
^