大紀元時報

イラクの反政府デモ、死者27人に 治安部隊が発砲

2019年10月04日 11時29分
10月3日、イラクでは首都バグダッドや南部などで反政府デモ隊と治安部隊の衝突が続いた。写真はバグダッドで燃えるタイヤの間を走り抜けるデモ参加者(2019年 ロイター/Wissm al-Okili)
10月3日、イラクでは首都バグダッドや南部などで反政府デモ隊と治安部隊の衝突が続いた。写真はバグダッドで燃えるタイヤの間を走り抜けるデモ参加者(2019年 ロイター/Wissm al-Okili)

[バグダッド/ヒラ 3日 ロイター] - イラクでは3日も首都バグダッドや南部などで反政府デモ隊と治安部隊の衝突が続いた。バグダッドでは、外出禁止令を無視して行われた数千人規模のデモに治安部隊が発砲。イスラム教シーア派が主流の南部でも複数の都市で銃撃があり、この3日間の死者は27人、負傷者は600人余りとなった。

警察によると、バグダッド南方160キロのディーワーニーヤでは3日、警官2人とデモに参加していた2人が死亡。また警察や病院関係者によると、ヒラ近郊ではデモ参加者1人が撲殺された。バグダッドで3人が死亡するなどした。

デモは失業や公共サービスの不備などに抗議する目的で始まったが、要求が政権交代へとエスカレート。イラクの治安はこの数年で最悪となっている。

^